一週間前に歯の根本の治療で歯科医院に受診した体験談につきまして

私は、地元の僻地の診療所と対面にある歯科医院でいつも歯科治療を受けているのですが、一週間前に加齢と共に、歯の根本の部分の肉が垂れ下がる形で、非常に痛い知覚過敏になる形でありました。あまりにも痛かったので、歯医者に電話しまして、早速先生に見て頂いたのですが、歯の肉が下がった部分に小さな黒い点ができていたみたいで、それは紛れもなく虫歯でありました。これは何とかしなければならないと思い先生が「少し痛みますが麻酔してもよろしいですか?」と言う形で同意しまして、麻酔をかけて頂いた上で、削って頂きました。しかし、あまりの痛さに飛び上がるような形で、先生が考慮されて、二度目の麻酔を歯の根本部分に打ち込む形になりました。私は、麻酔が効きにくい体質みたいで、そう言えば今まで二度、三度歯を麻酔したことがあったと思いました。ようやく2回目の麻酔でまだ染みやすい感じであったのものの、何とかドリルの衝撃に耐えることができました。幸いにも根本の虫歯の部分は浅くて2回か三回削った程度で除去できました。そして、先生に、シミない痛み止めを歯の歯肉の周辺に塗って頂き、削った部分は、詰め物をして頂いて、歯の治療を完成させることができました。やはり、歯の根本の部分は歯磨きをしていても虫歯になりやすいみたいなので、注意しなければならないと強く思いました。