世界トップレベルの歯科医院

歯医者が苦手な私は、数年歯医者に行っていませんでした。ところがある日、あの東京で根管治療の専門医院は右下の奥歯が欠けてしまったのです。これは歯医者に行かなければまずいだろうと決心し、私は行くことにしたのです。さて、どの歯医者にしようかと引越したばかりの私は思いました。市内の口コミ雑誌でちょうど「病院特集」というのをしており、そこでみつけた歯医者に行ってみることにしました。その歯医者の口コミで、私の心を惹きつけたのは、「世界トップレベルの歯医者である」という自称オペラ歌手の人の文章でした。おすすめできる東京で人気の歯医者を「世界トップレベル」と呼ばれる歯医者とはどのようなものか、私は好奇心もありそこへ行きました。まず、電話。予約です。コール一回で、上品なおばさまが受話器を取りました。上品ながらも親切で、予約でいっぱいのところでしたが、私の歯の状態を聞くと、ともかくもいらしてくださいと言ってくれました。指定された時間に行くと、そこは古いながらも清潔感のある待合いで、クラッシック音楽が流れていました。通学に便利なこの話題の小児矯正を神戸で待たされることもなくすぐに奥へ通され、きびきびとした女医さんが対応してくれました。レントゲンをバシバシとられ、口の中を隈なく見て終わると、先生は私の歯の状態をわかりやすく説明してくれました。ずいぶんと歯医者に来ていなかったために状態は良くないが、少しずつ治療していくこと、今日は時間がないので治療まではできないが、心配しなくても大丈夫、などと不安に思っていたことを全て解消してくれました。それ以来、十年が経ちますが、県外に引っ越した現在も、はるばる新幹線に乗って定期健診に通っています。やはり、「世界トップレベルの歯医者」だと私は思っています。