折れてしまった前歯を差し歯にするために歯科医院へ

友人や家族総勢12人で、車2台でスキーに行ったときに悲劇が起き、今里の歯医者なら東成区の中でも雪山のゲレンデで疲れて寝転んでいたら、その近くに立て掛けてあったスキー板が突然自分の顔に倒れてきて、その衝撃で前歯が折れてしまいました。便利な小児矯正を見つけるなら神戸が斜めにスパーっと割れてしまい、ショックと恥ずかしさとで最悪のスキー体験です。3日間のスキー旅行の初日だったので、その後もテンションが上がらず最低の旅行です。自宅に戻った後は、すぐに歯医者に行き、事情を説明、そして差し歯を入れてもらうことになりました。文京区の歯医者の評判では歯医者から提案を受けたのは、5万円のものと7万円のもの、そして10万円のものがあるが、どうしますか、というものでした。当時学生であまり知識もなく、とりあえず真ん中を取って7万円のものを入れてもらいました。この差し歯は、いわゆる表面は普通の歯とほとんど見分けがつかないものですが、歯の裏側は金属になっており、鏡を当てると、この差し歯1本だけが銀色をしていますので、見てすぐにはっきりわかりますが、裏側なのであまり気にしていません。不運な事故でしたが、今里の歯医者なら東成区でも歯科医院で差し歯を入れたことで、歯抜けのような間抜けな顔から普通の顔になることができ、ほっとしています。