根治と抜歯の中での通院恐怖

小学生の頃の歯医者って、本当に地獄でした。あの芦屋でインプラントを探そうと受付の女性が、「中学生になったら気持ちも強くなるし怖さも減るよ」と言ってくれたのですが、中学生になっても怖くて続かない…。結局虫歯があるけれど、ついつい歯医者へ行けずに長引かせてしまった…そんな方もいるかもしれません。行ってはキャンセルし、また行ってはキャンセルして…とにかく歯医者が苦手なのです。終いには受付の女性から怒られる始末…すみません。評判の矯正歯科を東京でするなら何が苦手って、歯を削った時に神経に触る恐怖。そして根治治療というひたすら手作業で歯の根っこを磨いて神経を除去する治療。麻酔の注射が効いていればいいのですが、時々痛みが走る時って経験ありませんか?女性の歯科衛生士さんも面倒くさそうなのです。何か雰囲気で伝わる…。ある時、歯科医の男性がミスをしてくれました。抜歯までの工程で歯ではなく歯茎を削られまして…出血が止まらないので、受付の方まで歯科助手扱いで慌てて止血をする始末。東成区であの歯医者を見つけることはそんな病院なら変えればいいんじゃない?と聞こえてきそうですね。でも私自身の怠慢も中々のものです。通わなかった時期も長いですから。ストレスと疲れもあるのかもしれないですが、普通に歯磨きしても虫歯はよくできる体質のようです。それでもなんとか根気よく2年、3年と通院してようやく虫歯がない状態に。結局今は親知らずは全て抜歯されました。みなさん、違和感を感じたら早めに治療しましょう。放っておくとどんどん悪化して人前で笑う気にすらならなくなりますから。